日本を通る旅パート2

私たちの旅行は新宿方面へ続きます。まだ東京都内にある地区です。そこで端にある「花火ホテル」に止まりました。私たちが前ホテルに持っていたマットレスとは対照的に今回布団に眠らなければなりませんでした。布団はマットレスに比べば同じ感じがありました。唯一の違いは床にもっと近いに眠ることです。夜でナイトライフを探しながら偶然で「Foxgodカフェ」に入りました。このカフェは私たちがオランダで旅行二週間前に見た「babymetal」についてロックとメタルのカフェでした。そこでいる人はとても親切で言語の壁にもかかわらず会話を始めたいでした。このカフェ強くお勧めしますよ。

メインエンターテイメントエリアでいいカフェを見つけるのはもっと難しいでした。時々に変な人で「美少女を触りたいですか」と聞かれました。当然でこれは旅行人の詐欺ですから注意して下さい。これは私たちが日本へ来る目的じゃなかったですよ。(そうする人は当然に日本人じゃないです。)

カオスを外す為に新宿御苑を見に行きました。市内なのに大きい公園でした。(一番大きいじゃなかった)。新宿御苑は色々なスタイルがありました。私たちは日本的な庭に始まりました。それらは細部まできちんとしていました。(写真 X で見られます)。その後でイグリスの庭へ続きました。この庭は草がある所で木があって大きい平野でした。どこにも植生情報がある小さい符号がありました。

日本の公園はメンテナンスの為に安い入金がありますよ。

二目の公園は明治神宮神社でした。 公園の回りに森がありました。新宿駅のとなりにある入り口はでっかい門でした。神社までに広い道を歩けます。森の大きいさは『世界第一大きい市にいる事」を忘れさせます。公園の面積は70ヘクタールぐらいです。公園は365木型があります。その木々は開かされた日に寄付されました。(公園の木は全部120.000本です。) 神社場内に大きい庭もありました。

当然で小さい入金があって公園は明治天皇の元の庭に歩けました。庭のそこに森の中でよく願っている池がありました。何でもやれば絶対に水を触るなよが書いてあります。この場所で日本人」と話しました。色々な健康にいい日本の温泉の話でした。

最後に自分を案内する時間を取った。一目停はスーパー・ポテトでした。秋葉原のスーパー・ポテートじゃありませんでした。そこでいろいろな事をかいました。例えばファミコンとか買いました。このスーパー・ポテトの値段は秋葉原のスーパー・ポテトより安いでした。旅行前に特別なアーケード機会がある事を調べばした。それらの場所の1つがルートにありました。東京に通うのは簡単ですよ。

外人はいつも混雑した列車のイメージがありますが全然違いますよ。毎五分電車が出発事のおかげだと思います。ゲーム・センター到着あとで二のITG機会があることをびっくりした。ITGはアメリカの日本のダンレボの代替ですから。係員はこの二台のITG機会は日本の全部のITG機会でしたと言いました。ここにも人々は親切でした。夜で前に買ったファミコンをテレビに接続しました。全夜に古いゲームを遊びました。

Author Benjamin Vitters
English translation door Anton Grootes
Japanese translation door Niek Nooijens